26歳 転職 未経験

“若い年代層の方々は、経験に関して不安を抱えている事も多いです。26歳という年齢では、業務経験もそれほど多くないので、転職に成功するか気になってしまう事もあるでしょう。しかし26歳ですと、特に問題ない事も多いのです。その年齢が評価されるからです。

たとえ未経験でも採用される事は多い26歳という年齢

確かに多くの企業では、人事選考に対して業務経験を重視している傾向があります。そもそも各企業としては、現場で活躍してくれるかどうかを気にしているのです。業務経験がある人材なら、十分活躍してくれると見込まれ、採用率が高くなる実例も多いです。ですから業界未経験の方々ですと、採用されるかどうか不安になってしまう事もあります。
ところで人事選考の基準は、何も経験の有無だけではありません。他の要素でカバーできるケースも、多々あるのです。
そもそも企業側からすれば、26歳は非常に若いと考えている傾向があります。年齢が若いだけに、今後十分に活躍してくれる可能性があると考えている企業も多いのです。
つまり業界未経験という状態でも、「若さ」という要素によってカバーされるので、積極採用してくれる企業もあるのです。

異なる業種に転職をする最後のチャンス

ただし26歳という状況は、ラストチャンスでもあると言われる事も多いです。特に異業種に対する転職は、最後のチャンスだと見なされる傾向があります。
転職は、主に2つのパターンがあるのです。今まで自分が働いていた企業と同業種に転職するか、異業種に転職するかの2択になります。後者でしたら、もちろん転職先では未経験という事になります。倉庫業から販売業に転職するなら、販売は未経験というパターンもあるでしょう。
そのような異業種への転職は、20代後半になりますと、ややハードルが高くなる傾向があります。しかし26歳という状況なら、まだ間に合う事も多いのです。上述のように、26歳なら十分年齢が若いので、未経験でも問題ないと見なしてくれるからです。
しかし20代後半という年齢ですと、1年加算される毎に転職が厳しくなってきます。ですから26歳は、異業種に転職をするラストチャンスなのです。”
“転職をする方々は、必ずしも業界の経験者であるとは限りません。特に業界の経験は無い状態で、転職に臨むケースもあるのです。
26歳というタイミングですと、たとえ未経験でも問題ない企業も多いです。ただし26歳に至るまでに、どこかの会社で働いていた場合、そこでの経験は重視される事になります。

年齢は比較的若いので採用されやすい

26歳という年代層ですと、年齢が不利に働く実例は少ないです。
というのも転職をする方々の年齢は幅広く、必ずしも20代だけではありません。30代や40代の方々でも、転職に臨んでいるケースも多いのです。30代などの年代層と比べると、26歳は非常に若いと見なされますから、積極採用してくれる企業も多いです。

たとえ未経験でも採用されやすい26歳

また未経験という状態でも、26歳なら積極採用される傾向はあります。年齢が若いなら、たとえ未経験でも問題ないと判断している企業も多いのです。
しかし上述の30代や40代などの年代層ですと、未経験者では厳しくなる傾向があります。それぐらいの年代層ですと、ある程度はキャリアを積んでいるのも当然だと、企業側は見なすからです。しかし26歳なら、まだ十分に年齢が若いので、今後活躍してくれると判断される傾向があります。

たとえ異業種でも過去の経験は見られる

ただし26歳で未経験だとは言っても、人事選考にて過去の経験は見られる事になります。異業種に転職するにしても、経験は見られるのです。
例えば販売職からIT業という、異業種に転職をするパターンもあるのです。その場合は、もちろんIT業界では未経験になるでしょう。
しかし26歳になるまでは、販売職としての業務経験はある訳です。たとえ異業種とは言っても、他の業種での経験が生きる事もあるので、販売業での経験も重視される事にはなります。したがって転職に際しての人事選考では、販売業での経験で学んだ事を、アピールする必要はあります。
そのために、人材会社に登録している方々も多いです。人材会社ならば、自己アピールに関するサポートも受けられるからです。”

参考サイト:転職KING